【フォーカス】じぶん銀行/社員獲得3ルート 的確・迅速な中途採用可能に

2018.05.09 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

人材会社と関係深め 社内態勢整い新卒も開始

社長自ら登壇してマイクを握る

 インターネット銀行の㈱じぶん銀行(東京都中央区、柏木英一代表取締役社長、258人)は、3つの採用ルートを活用して人材の獲得を進めている。重きを置く中途採用では人材紹介会社との関係を強化し、各部署が求める人材をピンポイントで迅速に紹介してもらえる態勢にした。ポテンシャル採用では、人材紹介会社や会員制の転職サイトを使い、採用したい人材に積極的にアプローチ。社内態勢の整った2016年からは新卒採用を本格化させ、丁寧な採用を続けている。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年5月7日第3159号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ