【特集1】1人ATKYで二重の安全策を ヒューマンエラー防止焦点に/大林組 東京本店

2014.09.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 危険予知を行い指差呼称で安全確認する方法は業種を問わず定着しているが、これをさらに掘り下げ二重の安全策を設けているところがある。㈱大林組東京本店では1日に何回も危険を予知して安全点検・確認を実施し、現場でのヒューマンエラーによる災害の未然防止を図っている。独自に開発した1人ATKYは、ケイワイ(危険予知)とアタック(安全点検・確認)をドッキングさせたもの。その効果を探ってみた。…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年9月1日第2217号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ