【特集2】書類の束はもう不要? 指示内容を視覚化し伝えやすく 安全管理にタブレット端末活用/大林組

2013.11.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 仕事や日常生活で見かける機会が増えたタブレット型端末だが、建設業の現場でも利用され始めている。他の建設現場に先駆け、昨年から導入を進めてきた大林組では、工事長以下の社員3000人に端末を配布。安全管理を含めた施工管理全般をサポートするツールとして活用している。端末に詰め込んだ安全書類を現場で確認したり、是正管理システムによる協力会社への安全指示へ利用するなど、その「機動性」と「視覚性」を生かした使い方が若手をはじめとした社員からの評判も良いという。…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年11月1日第2197号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ