【特集1】危険箇所を見える化し注意喚起 カラーコーンで区域分け 重機周辺は赤色の立入禁止/大林組 大手町2-B新築工事事務所

2017.04.18 【安全スタッフ】
  • TL
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

as2017_2280_03-2c 大手町二丁目地区再開発施設建築物B棟工区建設工事(大手町2-B新築工事)では、工事を施工する㈱大林組東京本店と職長会が協力して現場の安全管理を進めている。特に力を入れるのが安全の「見える化」だ。色の違うカラーコーンを使った通路の区域分けでは、緑色を安全通路、黄色は作業通路、重機周辺は立入禁止で赤色とすることで、安全な場所と気をつける場所との見分けが一目でつくようにした。段差やメッシュロードのペイントや不慣れな新人が使うヘルメットシールなど、視覚的な工夫が作業員への注意喚起につながっている。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : [安全スタッフ平成29年4月15日付2280号]

あわせて読みたい

ページトップ