【特集2】平成25年度主要労働局の重点施策 第12次防がスタート

2013.05.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

大阪労働局 ―「見える化」運動を大展開 震災復興のゼロ災気運向上 ― 宮城労働局

 第12次労働災害防止計画の初年度となる今年度、全国の労働局ではそれぞれの地域性などを踏まえた重点業種、5年間の目標値を設定し、災害防止に向けた新たなスタートを切った。大阪労働局では、業種や事業場の規模を問わず取組み可能な「安全見える化」を、大々的な運動を通じて普及。復興工事がなおも続く宮城労働局は、ゼロ災運動を強力に推進する。東京労働局は〝首都〟の特性を踏まえ、今後増大するインフラ改修工事などの災害防止を課題に挙げている。…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年5月15日第2186号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ