【追跡レポ】豊橋鉄道「女性活用対策」 運転士にも積極的に登用

2016.02.10 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

専用の宿泊室を用意 グループ企業全体で支援

 豊橋鉄道㈱(愛知県豊橋市、伊藤正雄代表取締役社長、198人)は、運転士を中心に現業職への女性登用を積極的に推進している。運転士には、女性専用の更衣室を設けたり、宿泊を含んだ勤務に対応できるよう仮泊室の整備を実施した。総合職における女性活用も進めており、将来の幹部候補として教育している。産前産後および育児中の女性の労働環境整備は、グループ全体で行うことで、柔軟な受入れ態勢を構築した。運転士の過労は事故につながりかねないことから、年次有給休暇の取得促進にも励んでいる。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年2月8日第3052号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ