【追跡レポ】長谷工コーポレーション/「けんせつ小町」の活動推進策 女性視点で現場改善促進

2015.08.24 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

協力会社と月1女子会 周囲巻き込み快適職場実現

作業内容や危険個所などを説明する石田副主任(左端)

 ㈱長谷工コーポレーション(東京都港区、辻範明社長、従業員数2146人)では、建設現場で働く女性施工担当職の育成を進めている。各地の現場で、日建連のなでしこ工事チームに登録しており、女性視点で現場改善に取り組んでいる。日建連「平成26年快適職場表彰」において、大阪・阿倍野王子町計画新築工事現場の「あべの小町」チームの活動が、「けんせつ小町」優秀賞を受賞した。協力会社スタッフと月1回の女子会(定例会議)を開き、女性同士の意見交換を進め、誰にも快適な職場改善を進めることで全スタッフの信頼を得ている。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年8月24日第3030号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ