男性は“相談できず” ハラスメントを初調査 福井労働局

2017.10.19 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 過去にセクハラを受けた男性の53.8%、パワハラを受けた男性の40.7%が誰にも相談しなかったことが、福井労働局(早木武夫局長)の「職場のハラスメントに関するアンケート調査」により分かった。同労働局が職場のハラスメントの調査を行うのは初めて。

 一方、女性が相談しなかった割合はそれぞれ29.0%、22.2%で、男性の方がハラスメントを相談することに、抵抗を感じている実態が明らかになった。

 セクハラを受けた人の男女別内訳は、男性29.5%、女性70.5%だった。同労働局は「男性へのセクハラがこんなにあったのは驚き」としている。総合労働相談コーナーに寄せられるセクハラ相談も、女性からがほぼ100%を占めているという。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年10月16日第3132号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ