年度更新時も受付け 36協定未届の解消促す 福井労働局

2021.06.15 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 福井労働局(山崎直紀局長)は、今年4月に改正された36協定届の様式変更を周知し提出を促すため、「36協定未届解消キャンペーン」を展開している。押印の不要、過半数代表の適切な選出に関するチェックボックスの追加などの変更点に注意するよう、年度更新に合わせて7月まで重点的に呼び掛けていく。

 周知対策として、…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
令和3年6月21日第3309号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ