2割が渡航費用負担 外国人材の活用で調査 福井労働局

2019.03.28 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 福井労働局(嶋田悦郎局長)は、外国人材の活用に関するアンケート調査の結果を公表した。

 外国人労働者を雇用している管内の484事業所(回答率46.9%)に雇用する理由を尋ねると(複数回答)、最多は「人手が足りない」31.4%だった。以下、「日本人を採用できない」16.9%、「真面目で熱心」14.9%が続く。「外国人ならではの能力」は4.1%だった。

 雇用に当たっての配慮事項をみると、…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成31年4月1日第3203号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ