月133時間残業させ脳疾患 大手ホテルを送検 西野田労基署

2014.04.14 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

特別条項の限度上回る

 大阪・西野田労働基準監督署(早川保子署長)は、労働者が勤務時間中に脳疾患により死亡した事件で、大手ホテルチェーンの㈱阪急阪神ホテルズ(大阪市北区)と同社ホテル阪神の総支配人を労働基準法第32条(労働時間)違反の容疑で大阪地検に書類送検した。36協定の特別条項で定めた1カ月60時間の限度時間を40時間以上も超過していたもの。法定休日労働を合わせると133時間にも及ぶ。必要な是正措置を講じず健康障害を発生させた点を重くみた。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年4月14日第2964号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ