36協定超えて残業させ送検 淡路労基署

2015.07.06 【労働新聞】

 兵庫・淡路労働基準監督署(渡部英毅署長)は、労働者に36協定で定めた上限である1カ月60時間を超えて時間外労働をさせた一般貨物自動車運送業を営む㈲髙須興業(兵庫県洲本市)と同社代表取締役を、労働基準法第32条(労働時間)違反の疑いで神戸地検に書類送検した。5~7月に、それぞれ約84~約109時間の時間外労働が認められている。

 平成26年8月1日、トラックを運転していた同社労働者が、前方を走っていたトレーラーに追突する交通事故で死亡している。事故を受けて同労基署が同社に労働時間の報告を求めたところ、36協定を超過した時間外労働が発覚した。

掲載 : 労働新聞 平成27年7月6日第3023号3面

あわせて読みたい

ページトップ