雇用仲介規制を緩和 改革会議が意見書 内閣府

2015.03.09 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 内閣府の規制改革会議雇用ワーキンググループ(鶴光太郎座長)は、このほど「雇用仲介事業の規制の再構築」と題する意見書をまとめた。職業紹介制度がスタートして60年以上が経過し、「法制度の抜本的かつ包括的」な見直しが喫緊の課題と訴えた。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年3月9日第3008号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ