管理職比率が17% 総理大臣賞に花王 内閣府・女性活躍

2020.01.24 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 内閣府は、「女性が輝く先進企業2019」の受賞企業を公表した。内閣総理大臣表彰には、女性管理職比率を17.6%まで高めた日用品メーカーの花王㈱(東京都中央区)が選ばれている。

 同社では、基幹人材の選抜において組織の男女比率に応じた目安を設定。女性管理職のロールモデルが少ないため、管理職層を複数の外部異業種交流研修に派遣する取組みを進めている。パートナー同伴での参加を推奨する「育児休職復職前セミナー」も行い、育休からのスムーズな復帰とその後の活躍を支援する。

 内閣府特命担当大臣(男女共同参画)表彰には、和菓子製造の㈱たねや(滋賀県近江八幡市)など6社を選出した。同社では、妊娠・出産をサポートする目的で、先輩ママ社員が面談を行う制度を設けている。妊娠出産に関する社内制度や体調について相談できる体制を構築している。

令和2年1月27日第3242号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ