「夫の支援」がカギ 内閣府・女性活躍で

2014.12.08 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 女性の活躍を推進するに当たり、「夫、家族の支援が十分でない」が最も大きな障害となっていることが、内閣府の調査で分かった。各分野の女性リーダーを増加させるに当たっての障害は「保育・介護・家事における夫、家族の支援が不十分」が50%で最多だった。「長時間労働の改善が進んでいない」は39%に。

関連キーワード:
平成26年12月8日第2996号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ