連合ユニオン東京 「特別執行委員」ポスト新設 産別のオルグ25人

2013.01.14 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

立場明確にし紛争に関与

 連合東京の個人加盟ユニオン・連合ユニオン東京(須永謙治執行委員長)は、昨年12月に東京で開いた第16回定期大会で「特別執行委員」ポストを新設した。産別のオルグ担当25人が名を連ね、個別労働紛争にプロの立場で関与する。紛争会社と業種的に近い産別籍を持つ同執行委員に「ユニオン籍」を持たせることで、会社へのアプローチやスムーズな団交を期待する一方、信頼を獲得した同執行委員の所属産別に同労働者を移す計画も描いており、1000万連合実現プランのツール的な側面もある。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年1月14日第2904号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ