ポストMDGsは成長と雇用に光を 連合・神津事務局長

2014.07.28 【労働新聞】

 NGO―労働組合国際協働フォーラム発足10周年の記念シンポジウムが7月8日に東京で開かれ、連合の神津里季生事務局長は、来年に迫った国連ミレニアム開発目標(MDGs)達成期限以降につくる「ポスト2015」の目標策定に当たり、成長・雇用に光を当てるべきだと発言した。

 成長・雇用は富を創出する源だとも述べた。

ジャンル:
掲載 : 労働新聞 平成26年7月28日第2978号6面

あわせて読みたい

ページトップ