東京の労使が特殊詐欺根絶へ 警視庁プログラム

2013.11.11 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

労側代表に連合東京 高退連も被害者の立場で

 東京都の労使が「オレオレ詐欺」に代表される特殊詐欺の撲滅に立ち上がった。警視庁の被害根絶プログラムに中心アクターとして参加するもので、10月30日のキックオフ会議の席上、最重要アクターである連合東京の大野博会長は、「関係機関との連携を一層強化し、一丸になって特殊詐欺根絶に取り組む」と決意を表明。仕事絡みのトラブルを装うケースが後を絶たないため、「会社」に焦点を当てたのが本プログラム。社員とその親・祖父母などにeラーニングを通じて反社会勢力との対峙法を伝授する。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成25年11月11日第2944号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ