“強い疑念”を抱く 一億総活躍プランで連合

2016.06.03 【労働新聞】

 連合は5月18日、同日公表された「ニッポン一億総活躍プラン」に対する逢見直人事務局長名の談話を発表した。掲げた各種政策の実現に必要な恒久財源の裏付け説明のなさなどを指摘しつつ、「政府の姿勢には強い疑念を抱かざるを得ない」と述べている。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成28年5月30日第3066号6面

あわせて読みたい

ページトップ