常用代替緩和促す 個々の提案は問題 派遣研報告に連合

2013.09.02 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 連合は、厚生労働省の研究会による労働者派遣制度の見直しに向けた報告書に対し、「派遣労働者を保護しようとする姿勢もみられるが、個々の提案には問題点が多い」とする南雲弘行事務局長名の談話を発表した。

 とりわけ、常用労働者との代替防止規制である派遣期間のあり方を大幅に緩和しようとする提案部分は、「人材派遣業界の主張と同一」という見方を示し、現行法の考え方を堅持のうえ、報告書が「難しい」と結論付けた派遣先労働者との均等待遇実現に向けた検討を深めるべきとしている。

 年内の建議取りまとめに向けた労働政策審議会における改正議論が予定されている点では、「今回の報告書を議論のたたき台とすることには問題がある」と一蹴。民主党政権下でなし得た派遣労働者保護の流れを強化するスタンスで審議に臨む考えを示している。

関連キーワード:
平成25年9月2日第2935号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ