非正規の組織化 実名入りで紹介 連合が事例集

2013.07.15 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 連合は、10産別(14単組)および4つの地方連合などの取組みを“実名入り”で紹介した非正規労働者の組織化事例集をまとめた。事例は、「帝国ホテル」「湘南島津」「敷島製パン」「東海労働金庫」「三井住友海上」「明治安田生命」「ケンウッドグループ」「福田屋百貨店」「コモディイイダ」「アークスグループ・ラルズ」「長崎県」「茨城県水戸市」「滋賀県と熊本県」(いずれも教職員)など。

 帝国ホテルは、「エリア社員」という1年契約・勤務地限定契約社員の正社員化事例で、無期雇用への切替えや正社員との年収差是正(10%→8%)、昇給上限の引上げ、正社員同様の家族手当支給などを図った。

 それぞれの労使が何をどう考え、どのように意識改革を図ったかなどを詳細にまとめている。

平成25年7月15日第2929号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ