連合東京 例年よりひと月ほど前倒し 都内で非正規集会

2014.03.10 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

大野会長「処遇改善を急げ」

 連合東京は2月23日、非正規労働者の処遇改善に関する集会を都内で開き、正規労働者と同時並行型の交渉に向かう決意を共有した。大野博会長は冒頭、全雇用労働者のうちの38%、とりわけ東京を軸とする関東圏は半数近くが非正規雇用という実態を紹介し、「彼らの処遇改善を急がないと、社会保障を含め、日本がもたない」などと発言。危機感を露わにした。例年、大手が春闘で妥結する3月中旬以降に開催していた集会だが、非正規労働者の処遇改善が第一とする思いを込め、約1カ月前倒しで開催した。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成26年3月10日第2960号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ