連合東京 首都東京の理想像まとめる 労働環境“新モデル”

2017.11.02 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

5年程度で達成めざす

 連合東京(岡田啓会長)は、今後5年程度で達成をめざす「新東京労働基準」を設定し、10月18日に東京で開いた第15回定期大会で正式に決定した。「首都東京における労働環境はこうあるべき」として掲げたいわば理想像で、都や労働局への各種要請等を通じながら実現をめざす「新東京モデル」と、春闘などの取組みを通じて労組自ら獲得をめざす「東京労働条件基準」の2本柱で構成。それぞれ具体的数値の形で目標を定めている。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年10月30日第3134号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ