中小の月給「35歳32万円」 東京労働基準を確立 連合東京

2012.11.05 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

5年後の平均的労働条件

 連合東京(大野博会長)は10月25日、東京都内で開いた第29回地方委員会で「東京労働基準」を確立した。めざすべき労働環境の社会像を9つの指標からなる「東京モデル」として示したうえ、首都・東京の勤労者にふさわしい労働条件を具体的数値の形で掲げているのが特徴だ。とくに中小労組が5年後を展望してめざす水準として設定しており、「35歳の月給32万円」や「60歳以降の処遇・月額28万円以上」などとする賃金指標のほか、安全衛生基準、非正規労働者の均等待遇基準も明示している。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成24年11月5日第2895号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ