直近半年で11万人超増加 連合傘下の組合員

2014.12.22 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

過去にない異例ペース

 2020年に組合員1000万人をめざした連合の組織拡大の取組みについて、直近半年(4~9月)のデータが急激に伸びていることが分かった。11万人を超す過去にない異例のペースで増えており、「集団的労使関係を必要としている労働者は依然多い」と判断。単に数字ばかりを追いかけず、本部・産別・地方連合会が三位一体でターゲットを攻略する戦略に転換した成果が現れ出したとみており、各産別に組織化担当の専従者配置を要請しながら、さらなる上積みに向け内部で引き締めを図っている。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成26年12月22日第2998号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ