格差放置は身勝手 経労委報告に連合

2013.02.04 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 日本経団連の経労委報告が「理解に苦しむ中小企業の賃上げ要求」とする項目の下連合の春闘方針に疑問符を呈した件で、「中小企業の収益力の低さと低い賃金を顧慮せず、協力を求めるばかりでは身勝手とのそしりを免れない」とする反論を連合が公表した。

 中小の経営の厳しさは、賃金の高さではなく収益力の低さにあるとする論理を展開しつつ、「大手が発注単価の引下げを求め続けてきた結果」だと訴えている。生活水準に直結する賃金の低さを容認するような経営側の姿勢は、「容認できない」と述べている。

関連キーワード:
平成25年2月4日第2907号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ