【今週の視点】高齢者派遣で「再受入れ」予定?

2013.06.17 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

クーリングの取扱い 改正労契法と解釈異なる

 改正労働契約法では、「有期契約の無期転換」ルールを創設するとともに、クーリング期間に関する規定も整備した。一方、派遣法に基づくクーリング期間に関しては、「2009年問題」の解釈例規により、行政側の姿勢が明確に示されている。しかし、改正高年齢者法施行に伴い、「高齢者の受け皿会社」を舞台に、再び同期間の取扱いについて議論が再燃している。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年6月17日第2925号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ