【今週の視点】高齢者が無期転換権を行使?

2013.01.14 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

5年超え雇った場合 新たな「定年」設定必要に

 労働契約法、高年齢者法、派遣法と重量級の法律改正が続いているが、改正法が相互に影響を及ぼして、複雑な問題も生じている。たとえば、労働契約法では「5年を超える有期労働契約の無期転換ルール」を定めている。高年齢者法では、65歳まで「希望者全員継続雇用」の原則を定めたが、高齢再雇用者の長期継続雇用は無期転換につながると危惧する声もある。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年1月14日第2904号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ