【今週の視点】人材戦略見直しの好機に

2016.10.24 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

発生迫る無期転換 人手確保へ均衡処遇も

 労働契約法に基づく「無期転換権」発生まで余すところ1年半。有期労働契約が反復更新され、通算5年を超えた労働者からの申込みで契約の無期化が成立するルールである。「何それ?」とする事業者はもはや少ないと思うが、人手確保が難しくなるなか、単なる無期化ではない、「均衡処遇」も視野に入れた人材戦略見直しの好機と捉えたい。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年10月24日第3085号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ