【今週の視点】狭まる無期転換への包囲網

2013.10.28 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

有期選択者を優遇 公序良俗逸脱する恐れも

 改正労働契約法の「無期転換ルール」への対応策として、契約社員等を対象とする雇用調整の動きが活発化している。今のところ、「雇止めを急ぐ企業」「期間制限条項の追加を求める企業」に二分化する傾向がみられる。どちらも法的には危うい点も指摘されているが、「有期プレミアム」を強調しながら、無期転換権の不行使に誘導する方法を検討する企業もあるという。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年10月28日第2942号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ