【追跡レポ】ATグループ/新防災対策 毎月1回「防災の日」を設定

2013.04.15 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

訓練で安否確認徹底 防災カードを常時携帯へ

サイト画面で進捗状況確認(AT グループ対策本部)

 ㈱AT(愛知トヨタ)グループ(名古屋市昭和区、山口真史社長、従業員数=連結・約7000人)では、防災対策の見直しを加速している。「地震の時のとっさの行動ハンドブック」や携帯サイズの「防災カード」を作成しグループ全社員に配布。組織としての対策をまとめた「地震災害対策マニュアル」や「事業継続計画(BCP)」も新たに策定。営業所の顧客も参加するグループ合同の防災訓練を年2回実施し、安否確認システムを徹底チェック。毎月1回「防災の日」を設定し、事業所ごとに啓蒙の取組みを行うことで、社員の防災意識も高まっている。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年4月15日第2917号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ