【賃金事例】SCSKの新再雇用制度/職務ランク別に定額支給 希望者へ定年前10%減額で 無年金期間は手当上乗せ

2013.06.03 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 SCSK㈱(東京都江東区、中井戸信英社長)は今年4月、職務・役割のランクに応じて給与が決まる新再雇用制度を導入した。従来は本人との間で個別に労働条件を定めていたが、今後は4段階の職務ランク別に定額を支給する。定年前と比べると概ね50%前後の給与水準となるが、企業年金や公的給付を合わせた年収ベースでは440万円を上回るように設計した。無年金期間に対応するため、将来の再雇用を希望する者には60歳前の給与を一部減額し、当該期間に手当を上乗せする。人事考課などで対象を絞り込んでいた基準制度は全廃し、希望者全員を65歳まで再雇用する。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成25年6月3日第2923号8,9面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ