【賃金事例】CKD/減少幅抑え無年金に対応 「生涯現役制度」新設

2012.08.06 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

公的給付含め28万円確保へ

 CKD㈱(愛知県小牧市、梶本一典社長)は、従来の再雇用制度を拡充し、定年直後の賃金の減少幅を抑制する一方、現役社員の育成・指導に欠かせない社員について、年齢制限を設けずに雇用する「生涯現役制度」を導入した。希望者には55~59歳の基本給をそれ以前の80%に抑制する代わり、60歳定年から65歳までの期間、定年時基本給の35%を上乗せして支給する。厚生年金の支給開始年齢引上げに対応するため、支給開始までより緩やかに収入が低減するコースを用意したもの。定年後の無年金期間も、公的給付を含め月収28万円を確保できるよう設計した。これまで原則65歳、特例適用でも68歳までだった再雇用の年齢制限を大きく見直している。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成24年8月6日第2883号8,9面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ