【賃金事例】東急リバブル/同一処遇で最長70歳まで 目標達成率を更新基準に 年俸固定し業績は賞与へ

2014.06.09 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 東急リバブル㈱(東京都渋谷区、中島美博社長)は、更新要件を満たす者を最長70歳までフルタイムで再雇用する「キャリアエキスパート再雇用制度」を導入した。営業目標を一定レベルまで達成できる営業職や、定年前から引き続きマネージャーとして働いている人材などを対象に、1年契約のフルタイム勤務を継続する。以前から週28時間未満のパート勤務や、子会社である人材派遣会社で雇用されるなどの選択肢はあったが、新たに現場の第一線でフルに活躍し続ける道を開いたもの。65歳前と同じ基本年俸を適用し、個人目標の達成度を年2回の賞与に反映する。契約更新に当たっては、達成度と健康面を勘案して判定する。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成26年6月9日第2972号8,9面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ