【フォーカス】東急リバブル/公募制 組織の活性化めざし始める

2017.10.06 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

希望する部署へ異動 秘密裡に実施がポイント

 東急リバブル㈱(東京都渋谷区、榊真二代表取締役社長、3145人)は、能力開発や組織の活性化を図ることを狙いとして、チャレンジ精神のある社員を支援する「公募制」と「コース転換制度」を行っている。公募制は、条件などを満たし、面接試験などで認められれば、社員自らが希望する部署へ移ることができる制度だ。30~40歳代の非管理職のエントリーが多い傾向にある。両制度とも社員の希望が叶わなかったことを念頭に置き、秘密裡に行うことがポイントだ。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年9月25日第3130号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ