【フォーカス】畑紹介所/高齢者就労対策 事業多角化で仕事生み出す

2017.07.19 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

定年撤廃し長期雇用 知識習得へ研修開催も

新たな知識を習得させて介護の質向上をめざす

 主に訪問介護・在宅介護のサポートをする㈲畑紹介所(東京都板橋区、太田盾代表取締役社長、223人)は、登録ヘルパーの定年制廃止などによって高齢者が働きやすい環境づくりを20年以上前から行ってきた。弁当製造や家事代行など業務の多角化も進めることで、高齢者の身体に負担がかからない仕事を生み出し、長く働けるよう工夫。加齢により学ぶ意欲が薄れがちになることへの対応として、外部講師を招いた講習も年6回ペースで開いている。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年7月17日第3121号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ