【フォーカス】学情/青年重役会議 社員教育福利厚生 改善・充実を実現

2018.09.05 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

若手が取締役へ提案 1年間経営課題話し合う

テレビ会議システムを使いながら毎月議論を進める

 ㈱学情(大阪府大阪市、中井清和代表取締役社長、300人)は、若手・中堅社員の育成の一環として、選抜メンバーによる青年重役会議を実施している。経営者のマインドを持ち、チャレンジ精神旺盛な社員を増やしていき、ベンチャー企業のスピリットを大切にするのが狙い。メンバーは1年間、経営課題を話し合い、改善提案を取締役会に答申する。これまでに社員教育制度の充実、資格取得支援制度の創設、労働生産性向上制度の拡充、各種福利厚生制度の改善などを実現した。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年9月3日第3175号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ