目標との関連明確に 人的資本可視化で指針案 政府

2022.07.22 【労働新聞 ニュース】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 政府の新しい資本主義実現会議のワーキンググループは人的資本の可視化に向けた指針案を公表した。可視化に当たっては、自社の価値観や長期ビジョンと人的資本への投資との関連性を明確にすべきと訴えている。経営戦略と人材戦略を統合的なストーリーとして説明できるよう検討を進めるのが重要とした。

 開示事項は大きく①自社の戦略に沿った独自性のある取組み、②他社との比較可能性の2つに分けられる。独自の取組みについては、他社との比較可能性を意識せず、めざすビジネスモデルとの関係や時系列に沿った進捗・達成状況を開示すべきとした。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和4年7月25日第3362号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。