県の証明で労災認定 受診なく自主療養開始し 神奈川労働局

2022.03.30 【労働新聞 ニュース】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 神奈川労働局(川口達三局長)は、自主検査で新型コロナウイルスの陽性が判明した人に対して神奈川県が発行する「自主療養届」について、休業期間の証明書類として取り扱って労災認定したケースがあることを明らかにした。2月4日に厚生労働省から、「自治体の指示で療養した場合、証明書を発行できるのは保健所に限らない」旨の回答を受け、取扱いについて管内の労働基準監督署に周知していた。

 自主療養届は、医療機関を受診せずに…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和4年3月28日第3346号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。