350病院へ集団指導 事務長などに判例講座 神奈川労働局

2012.12.03 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 神奈川労働局(及川桂局長)は12月、看護師をはじめとした医療従事者の労働条件改善を後押しするため、事務長や総務・人事労務担当者を対象に大規模な集団指導を実施する。350病院、800人の参加を見込んでいる。労働法の基礎知識を解説する講座と労働判例を検討する講座に分けて開催する。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成24年12月3日第2899号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ