契約までの負担重く 在籍型出向でアンケート 神奈川労働局

2021.12.08 【労働新聞 ニュース】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 神奈川労働局(川口達三局長)が在籍型出向の実施企業を対象に行ったアンケート・ヒアリング調査で、「出向契約までの負担が大きい」などの課題が明らかになった。

 アンケートに答えた出向元6社について、在籍型出向制度を評価する理由をみると、「能力開発効果」が4社、「労働意欲の維持・向上」が3社と多い。出向先5社における評価理由は、…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和3年12月13日第3332号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。