感染症BCPの策定支援を 日商要望

2022.03.04 【労働新聞 ニュース】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 感染症BCP(事業継続計画)策定へ支援拡充を――日本商工会議所(三村明夫会頭)は、「オミクロン株の特性に即した感染対策による活動回復に向けた緊急要望」を取りまとめた。新型コロナウイルスのオミクロン株の感染拡大に伴う濃厚接触者の待機の発生によって、中小企業の事業継続に支障が出ているとして、中小企業における感染症BCPの策定・整備に向けた支援を強化するよう求めている。

 困窮する事業者への迅速な支援も欠かせないとみて、中小企業への協力金・支援金の手続き簡素化などを通じた支給の迅速化を図るよう訴えている。雇用維持に大きく貢献している雇用調整助成金の特例措置についても、今年4月以降の延長を早期に決定するよう求めた。

令和4年3月7日第3343号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。