女性活躍推進 行動計画策定支援強化を 義務化対象の拡大で 東商が東京都へ要望書

2021.10.28 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 東京商工会議所(三村明夫会頭)は、女性の活躍促進施策の強化などを柱とする「東京都の雇用就業施策に関する要望」を取りまとめた。改正女性活躍推進法施行によって一般事業主行動計画策定が義務化される従業員101~300人以下企業への重点的な支援を盛り込んでいる。具体的対応として、研修などを通じて行動計画策定や目標達成までの取組みを支援する「女性の活躍推進加速化事業」の対象拡大を求めた。男性の育児休業取得促進に向け、代替要員の人件費助成制度の創設も訴えた。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和3年11月1日第3327号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。