女性活躍推進・「行動計画」届出率71%に 厚労省が集計

2016.04.27 【労働新聞】

 女性活躍推進法に基づき4月1日までに「一般事業主行動計画」を都道府県労働局に届け出た企業が71.5%に達したことが、厚生労働省の集計で分かった。同法では、自社の状況把握・分析を踏まえた一般事業主行動計画の作成・届出を義務化している。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
ジャンル:
掲載 : 労働新聞 平成28年4月25日第3062号1面

あわせて読みたい

ページトップ