他社従業員間の交流支援 女性活躍推進 東京都

2017.05.23 【労働新聞】

悩み共有し定着へ 奨励金制度は継続実施

 東京都は、中小企業に対する女性活躍推進支援施策を拡充する。職場での取組みの中核を担う管理職の研修や「責任者」設置企業への奨励金制度などを継続しつつ、新たに女性従業員による交流会をスタートさせる。ロールモデルとなる他社の管理職や自身と似た立場の従業員と情報交換したり悩みを共有したりすることで、職場への定着やキャリアアップにつなげる。従業員交流会は全10回で計200人の参加を見込む。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成29年5月22日第3113号2面

あわせて読みたい

ページトップ