転倒・腰痛防止に専門家派遣 運動指導を無料でサポート 神奈川産保センター

2021.10.08 【安全スタッフ】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 神奈川産業保健総合支援センターは10月1日、仕事中の転倒・腰痛災害ゼロを目指す企業へ専門家を派遣する「健康応援!ゼロ災無料出張サービス」を始めた。製造業、建設業、小売業などの事業場を健康運動指導士や理学療法士が訪問し、中高年齢労働者の身体機能の維持改善、足腰の筋力低下やバランス力低下を防ぐための健康測定や社内セミナー、運動指導などの従業員教育をサポートする。事業場の規模、業種、仕事や作業内容などに応じた健康保持増進計画も提案していく。

 働く人の高齢化に伴い、身体機能が衰えて、転倒災害、腰痛災害につながるケースが増えている。予防のためには安全面の対策のみでは不十分で、健康面からのアプローチによる身体機能の維持・改善が必要になるという。事業場が抱える課題解決を図るとともに、専門家による指導をきっかけに職場での健康保持の取組み定着へつなげる。11月22日からは、病院・社会福祉施設を対象としたゼロ災無料出張サービスもスタートする予定だ。

メルマガ新着ニュース 掲載

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。