動画で適正使用促す ファン付き作業服に火傷リスク 中央労基署

2021.09.29 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 東京・中央労働基準監督署(工藤滝光署長)は、ファン付き作業服を着用して火気取扱い作業をする際の労働災害を防ぐため、適正な使用方法を解説する動画を作成した。同労基署のホームページから視聴できる。管内では今年7月、アーク溶接作業中に小型ファン部分から火花が入り込み、皮膚全体の30%を火傷する労働災害が発生していた。

 ファン付き作業服は、…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和3年9月27日第3322号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。