意識障害 死亡事故で違反発覚 4割弱拘束時間守らず 厚労省・運送業の監督結果

2021.09.29 【安全スタッフ】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 厚生労働省は、トラック、バス、タクシーなどの自動車運転者を使用する事業場に対する監督指導と送検の状況を取りまとめた。8割を超える事業場で労働基準関係法令違反がみつかっている。改善基準告示違反は5割に上り、4割弱で最大拘束時間が順守されていなかった。重大・悪質な事案では、走行中に意識障害となり衝突事故で死亡したトラック運転者について、調査で36協定の上限時間超過が判明し、運送会社と運行管理者を労基法違反で送検した。送検の件数はここ3年で最も多くなっている。…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

2021年10月1日第2387号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。