総合職に勤務地限定制 6年目で県内のみ可 鈴与

2021.09.16 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

待遇格差は賞与へ反映

 物流大手の鈴与㈱(静岡県静岡市、鈴木健一郎代表取締役社長)は、9月から人事制度を大幅に見直し、総合職に地域限定勤務制度を採り入れた。新卒採用時は引き続き全国・海外転勤ありを条件に募集するが、入社6年目以降は異動を同県内のみに限定できるなど、2区分6パターンの選択肢を設けた。共通の基本給テーブルを用いることで月例給には差を付けず、転勤範囲の違いは賞与に反映する。併せて全5階層だった等級体系を4階層に減らして管理職昇格を早める一方、高度専門職などを処遇する専任職を新設した。

 同社が人事制度を刷新するのは16年ぶり。職能を基準とするポリシーは改めず、等級体系の大括り化を図り、よりメリハリを利かせた評価制度を整備した。非管理職層では…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和3年9月20日第3321号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ