障害者雇用 完全在宅勤務も”同空間”を体感 群馬県セミナー

2021.08.24 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 群馬県は、テレワークを用いた障害者雇用を支援するため、実務担当者などに向けたオンラインセミナーを開催した。不動産事業を展開する価値住宅㈱の高橋正典代表取締役が登壇し、自社での障害者の働き方について紹介している(写真)。

 同社は従業員数25人で、うち障害者2人を完全在宅勤務として雇用している。2人には不動産の間取り図面作成などを任せており、入社後の研修もすべてオンラインで実施した。

 社内には職場環境を撮影するカメラを設置し、テレワーク用PCとつなげている。自宅にいながら出社している社員を常に視認できるほか、マイクを通して職場に話しかけることも可能とするなど、実際に同じ空間で働いているように感じられる環境を整えている。

令和3年8月23日第3317号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ